iso14001,環境ISO の取得を 0円で

環境ホルモンとは?

iso14001、環境ISO用語です。
 
                  
iso14001、環境ISO
地球環境、汚染の予防事例
エコナビウイン
Home Page
iso14001
iso14001環境ISO生命に満ちた、
青い地球を守ろう
実運用中
環境ISO、iso14001
文書販売
iso14001
環境ISO
用語集1
FAXDM全国2.9円
FAXDMコンビニ
審査員の管理責任者
や皆さんへの質問
ファーストステージ審査
環境ISO、iso14001
よくある質問
審査員の社長・管理
責任者への質問
セカンドステージ審査
環境ISO関連
品質ISO用語集1

生命に満ちた青い地球を護ろう!利益を上げて



  • iso14001、環境ISO用語集1


  • iso14001、環境ISO用語集2


  • iso14001、環境ISO用語集3


  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その1



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その2



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その3


  •                  
  • 千年に一度のチャンス,我々は復活できる!!


  • エコナビウインTEL 03-3362-5084
    問い合わせフォーム
    ISO14001、環境ISO用語  その2

    環境ホルモンとは?

    かんきょうほるもん 環境ホルモン  環境汚染物質のうち、動物の生体内に取り入れられた時、本来の生体内で営まれている正常なホルモンに影響を与える化学物質(内分泌腺かく乱物質)のこと。特に、生殖機能に悪影響を及ぼしたり、悪性腫瘍を引き起こすなどとされ、プラスチック原料のBPA、ダイオキシンやポリ塩化ビフェニール(PCB)など、数十種ある。  最近ではプラスチック容器や塩化ビニール製おもちゃにも含まれているといわれ、1,000種類以上の物質に可能性が指摘されている。 BPA(ビスフェノールA)  プラスチック原料や塩ビ製品の添加剤として大量に生産されている工業製品。河川の水やヒトのへその緒からも検出された。生体内でホルモンに似た働きをして生殖機能などを乱す内分泌かく乱化学物質の疑いが濃いとされ、環境省の検討会で危険度を評価中。

    家電リサイクル法 環境アセスメント 環境影響評価の方法 環境会計

    環境監査 環境基準と環境技術 環境基本法 環境教育

    環境共生住宅 環境共生都市

    環境記録 環境工程図 環境コストマネジメント 環境税

    環境側面抽出表 環境側面と環境影響 環境配慮型製品

    環境パフォーマンス 環境パフォーマンス評価

    環境負荷 環境法規 環境報告書 環境方針

    環境ホルモン 環境マネジメントシステム 環境マネジメントプログラム

    環境目的及び目標 環境リスク評価表 監視及び測定

    京都議定書 緊急事態対応 グリーン購入法 グリーンコンシューマー

    グリーン調達 グリーン電力制 建設資材リサイクル法 現場監査

    公害問題 コージェネレーション・システム 枯渇資源 コミュニケーション

    最良利用可能技術 砂漠化現象

    産業廃棄物 酸性雨資源有効利用促進法

    自然エネルギー 持続可能な開発 指定化学物質

    よしやってやろうじゃないか   

    ここで使った用語はJIS、ISO9001、日刊工業新聞社、ISOworld、日本ISO研究所の用語を参考にさせていただきました。