iso14001,環境ISO の取得を 0円で

監査プロセスとは?

iso14001、環境ISO用語です。
 
                  
iso14001、環境ISO
地球環境、汚染の予防事例
エコナビウイン
Home Page
iso14001
iso14001環境ISO生命に満ちた、
青い地球を守ろう
実運用中
環境ISO、iso14001
文書販売
iso14001
環境ISO
用語集1
FAXDM全国2.9円
FAXDMコンビニ
審査員の管理責任者
や皆さんへの質問
ファーストステージ審査
環境ISO、iso14001
よくある質問
審査員の社長・管理
責任者への質問
セカンドステージ審査
環境ISO関連
品質ISO用語集1

生命に満ちた青い地球を護ろう!利益を上げて



  • iso14001、環境ISO用語集1


  • iso14001、環境ISO用語集2


  • iso14001、環境ISO用語集3


  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その1



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その2



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その3


  •                  
  • 千年に一度のチャンス,我々は復活できる!!


  • エコナビウインTEL 03-3362-5084
    問い合わせフォーム
    ISO14001、環境ISO用語  その1

    監査プロセスとは?
    かんさぷろせす 監査プロセス  監査の実施にあたっては、まず、チームリーダーを指名する。チームリーダーは監査範囲、監査基準を監査依頼者と協議して設定する。次に監査チームを編成して監査活動に入っていく。実地監査に先立って監査計画を作成し、チェックリストを作成するのは大切な準備作業である。  実地監査にあたっては監査計画に従って進める。監査は監査基準が満たされているか、証拠を集め、評価し、監査所見を導き出す。証拠となる情報は記録の確認、面談及び観察などによって収集する。  実地監査終了後、チームリーダーは監査報告書を作成し、確認後配付する。監査時に指摘された不適合に対する是正処置が行われる場合は、処置完了後にフォローアップを行わなければならない。

    ISO19011 監査計画 監査チーム 監査の形態

    監査プログラム 監査プロセス 客観的証拠 記録

    継続的改善 更新審査サーベイランス

    審査機構 審査登録 審査の指摘事項 内部監査

    内部監査員 フォローアップ 文書

    文書管理 文書審査

    文書体系 文書レビュー 予備審査 | |

    4R CEARI SO9000とISO14000の違い

    ISO14000シリーズ Kids ISOプログラム PCB廃棄物

    PPP PRTR法 RDF アジェンダ21

    アセスメント法 著しい環境側面 運用管理

    エコ商品 エコ設計 エコビジネス エコファンド

    エコライフ エコラベルとエコマーク

    エネルギー消費効率 汚染予防オゾン層破壊

    温室効果ガス 拡大生産者責任 化審法

    よしやってやろうじゃないか   

    ここで使った用語はJIS、ISO9001、日刊工業新聞社、ISOworld、日本ISO研究所の用語を参考にさせていただきました。