iso14001,環境ISO の取得を 0円で

監査の形態とは?

iso14001、環境ISO用語です。
 
                  
iso14001、環境ISO
地球環境、汚染の予防事例
エコナビウイン
Home Page
iso14001
iso14001環境ISO生命に満ちた、
青い地球を守ろう
実運用中
環境ISO、iso14001
文書販売
iso14001
環境ISO
用語集1
FAXDM全国2.9円
FAXDMコンビニ
審査員の管理責任者
や皆さんへの質問
ファーストステージ審査
環境ISO、iso14001
よくある質問
審査員の社長・管理
責任者への質問
セカンドステージ審査
環境ISO関連
品質ISO用語集1

生命に満ちた青い地球を護ろう!利益を上げて



  • iso14001、環境ISO用語集1


  • iso14001、環境ISO用語集2


  • iso14001、環境ISO用語集3


  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その1



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その2



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その3


  •                  
  • 千年に一度のチャンス,我々は復活できる!!


  • エコナビウインTEL 03-3362-5084
    問い合わせフォーム
    ISO14001、環境ISO用語  その1

    監査の形態とは?
    かんさのけいたい 監査の形態 監査では監査基準に関連する記録、事実の記述、またはその他の情報を収集する。それらの客観的な証拠をもとに、基準との適合性を判断することになる。  監査の目的、監査側の立場により内部監査(第一者監査)と外部監査があり、外部監査には一般的に第二者監査と第三者監査が含まれる。 第一者監査  内部監査は、第一者監査ともいわれる。内部監査は組織が保有するシステムを評価するために、組織自身または代理人によって行われる。 目的:自社の品質(環境)マネジメントシステムが品質(環境)目標の達成に役立っていることを自社の経営陣に確信させる(「内部監査」の項参照)。 第二者監査  第二者監査は、取引関係のある組織が他の組織に対して行う監査で、監査側の組織が製品または役務を購入するための契約を締結しているか、またはその意思がある場合に該当するものである。この監査は購入側の組織によって、または外部の機関を用いて監査を行うことができる。 目的:供給者の品質システムが相互に合意した品質水準に基づき、製品または役務を納入または提供できることを、購入側の組織に確信させる。 第三者監査  顧客及び供給者から独立した外部の機関によって実施される。ISO9001またはISO14001に対する適合性を確認する審査は、公的に認定された機関によって実施され、登録される。 目的:国家規格またはISO9001などの国際規格に基づいて構築された組織のシステムの有効性について確信(保証)を得る。

    ISO19011 監査計画 監査チーム 監査の形態

    監査プログラム 監査プロセス 客観的証拠 記録

    継続的改善 更新審査サーベイランス

    審査機構 審査登録 審査の指摘事項 内部監査

    内部監査員 フォローアップ 文書

    文書管理 文書審査

    文書体系 文書レビュー 予備審査 | |

    4R CEARI SO9000とISO14000の違い

    ISO14000シリーズ Kids ISOプログラム PCB廃棄物

    PPP PRTR法 RDF アジェンダ21

    アセスメント法 著しい環境側面 運用管理

    エコ商品 エコ設計 エコビジネス エコファンド

    エコライフ エコラベルとエコマーク

    エネルギー消費効率 汚染予防オゾン層破壊

    温室効果ガス 拡大生産者責任 化審法

    よしやってやろうじゃないか   

    ここで使った用語はJIS、ISO9001、日刊工業新聞社、ISOworld、日本ISO研究所の用語を参考にさせていただきました。