iso14001,環境ISO の取得を 0円で

温室効果ガスとは?

iso14001、環境ISO用語です。
 
                  
iso14001、環境ISO
地球環境、汚染の予防事例
エコナビウイン
Home Page
iso14001
iso14001環境ISO生命に満ちた、
青い地球を守ろう
実運用中
環境ISO、iso14001
文書販売
iso14001
環境ISO
用語集1
FAXDM全国2.9円
FAXDMコンビニ
審査員の管理責任者
や皆さんへの質問
ファーストステージ審査
環境ISO、iso14001
よくある質問
審査員の社長・管理
責任者への質問
セカンドステージ審査
環境ISO関連
品質ISO用語集1

生命に満ちた青い地球を護ろう!利益を上げて



  • iso14001、環境ISO用語集1


  • iso14001、環境ISO用語集2


  • iso14001、環境ISO用語集3


  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その1



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その2



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その3


  •                  
  • 千年に一度のチャンス,我々は復活できる!!


  • エコナビウインTEL 03-3362-5084
    問い合わせフォーム
    ISO14001、環境ISO用語  その1

    温室効果ガスとは?

    48おんしつこうかがす 温室効果ガス  太陽光をよく通し、地面や海面から放出される赤外線を吸収する性質を持つ気体の総称。特に、二酸化炭素(CO2)、亜酸化窒素、メタンの3物質はその増加が地球温暖化に大きく影響している。そのため、97年の地球温暖化防止京都会議で二酸化炭素、亜酸化窒素、メタンを含む6種類の温室効果ガスを先進国全体で、2008年から2012年の間に90年に比べて5%以上削減することが定められた(日本6%、米国7%(不参加)、EU8%、途上国は対象外)。削減目標達成のためには排出削減の他に、森林による吸収や先進国間での排出権取引も認められる。  ちなみに、99年度におけるわが国の温室効果ガスの総排出量は13億700万tであり、前年度と比べると約2.1%増加し、90年度比では約6.8%増となっている。

    ISO19011 監査計画 監査チーム 監査の形態

    監査プログラム 監査プロセス 客観的証拠 記録

    継続的改善 更新審査サーベイランス

    審査機構 審査登録 監査計画 内部監査

    内部監査員 フォローアップ 文書

    文書管理 文書審査

    文書体系 文書レビュー 予備審査 | |

    4R CEARI SO9000とISO14000の違い

    ISO14000シリーズ Kids ISOプログラム PCB廃棄物

    PPP PRTR法 RDF アジェンダ21

    アセスメント法 著しい環境側面 運用管理

    エコ商品 エコ設計 エコビジネス エコファンド

    エコライフ エコラベルとエコマーク

    エネルギー消費効率 汚染予防オゾン層破壊

    温室効果ガス 拡大生産者責任 化審法

    よしやってやろうじゃないか   

    ここで使った用語はJIS、ISO9001、日刊工業新聞社、ISOworld、日本ISO研究所の用語を参考にさせていただきました。