iso14001,環境ISO の取得を 0円で

循環型社会形成推進基本法とは?

iso14001、環境ISO用語です。
 
                  
iso14001、環境ISO
地球環境、汚染の予防事例
エコナビウイン
Home Page
iso14001
iso14001環境ISO生命に満ちた、
青い地球を守ろう
実運用中
環境ISO、iso14001
文書販売
iso14001
環境ISO
用語集1
FAXDM全国2.9円
FAXDMコンビニ
審査員の管理責任者
や皆さんへの質問
ファーストステージ審査
環境ISO、iso14001
よくある質問
審査員の社長・管理
責任者への質問
セカンドステージ審査
環境ISO関連
品質ISO用語集1

生命に満ちた青い地球を護ろう!利益を上げて



  • iso14001、環境ISO用語集1


  • iso14001、環境ISO用語集2


  • iso14001、環境ISO用語集3


  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その1



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その2



  • iso14001、環境ISO関連、
    品質ISO用語集
    その3


  •                  
  • 千年に一度のチャンス,我々は復活できる!!


  • エコナビウインTEL 03-3362-5084
    問い合わせフォーム
    ISO14001、環境ISO用語  その3

    循環型社会形成推進基本法とは?

    じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう 循環型社会形成推進基本法  01年に施行された法律。この法律は生産者に製品の再資源化などの責任を課したものであるが、基本的枠組みであり、この基本法には罰則規定はない(罰則は下位の個別法に規定される)。  この法律が生まれた背景には、世の中にはモノがあふれ、廃棄物も増え続けるが、その処理能力はもはや限界という事態に対して、少しでも改善しようというものである。ポイントは次の3つである。 ・有用な廃棄物が「循環資源」と定義された ・処理方法の優先順位が定められた ・生産者は「拡大生産者責任」を負うことになった  なお、この基本法の下に下図に挙げるように、7つの個別法が制定された。

    自動車リサイクル法 循環型社会経済システム

    循環型社会形成推進基本 省エネルギー法

    静脈産業 初期環境レビュー 食品廃棄物リサイクル法 製品アセスメント

    生物多様性改善 生分解性プラスチックゼロエミッション

    ダイオキシン 炭素税 地球温暖化 地球環境問題

    地球再生構想 地球サミット デポジット制度

    特定再利用業種 特定施設

    土壌汚染 トップランナー方式 鉛フリー化 人間環境宣言 | |

    廃棄物 廃棄物処理法 排出権取引

    ヒートアイランド現象 不適合及び是正並びに予防処 プロセス・フロー・ダイアグラム

    文書審査 法的要求事項 ポスト・ハーベスト マニフェスト

    モントリオール議定書 有機農法

    容器包装リサイクル法 ライフサイクルアセスメント

    ライフサイクルコスト 利害関係者

    よしやってやろうじゃないか   

    ここで使った用語はJIS、ISO9001、日刊工業新聞社、ISOworld、日本ISO研究所の用語を参考にさせていただきました。